[インプラントって何?]  [プラトンインプラントについて]  [インプラントQ&A

「シンプルで、成功率の高いインプラントシステムが欲しい」
そんな臨床医の声と世界をリードする日本の精密機械工学が生んだ
純国産のインプラントシステムです。
プラトンインプラントシステムのコンセプト
プラトンインプラントシステムは、日本人の患者さんのために日本の臨床医が生み出したシステムです。1995年から臨床応用が開始され、現在では、年間約40,000本が使用されています。プラトンシステムの開発ベースとなっているのは日本の優秀な精密機械工学です。国内の精密機械加工、金属表面処理技術、表面コーティング処理技術等さまざまな分野の企業間ネットワークにより,高精度で安定した製品の提供に成功しています。
プラトンインプラントシステムは、歯科医療現場の声を積極的に取り入れ、実際に製品を使用する歯科医師の先生方の意見を製品開発に反映し、歯科医療の現場からのニーズにあったシステムを開発・構築しています。また、国内の多くの大学、研究施設と協力関係を結び、様々なプログラムにより、研究が進められています。
プラトンインプラントの品質管理
プラトンシステムは、品質保証体制の強化にも積極的に取り組み、国際標準化機構(ISO)が定める医療機器の品質保証に関する国際規格であるISO13485の認証取得工場で製造されています。電子顕微鏡によるミクロ単位での厳格な製品検査と、高度なクリーンルームによって、信頼性の高い製品の安定供給が支えられています。
プラトンインプラントの特長
プラトンシステムは、インプラント治療を希望される一人でも多くの患者さんの失われた歯を取り戻す喜びと快適な生活のために、患者さんの症例に応じて選択可能な様々なタイプのインプラントをラインナップしています。
最終的に患者さんの口腔内に装着される人工歯の土台(支台)となるアバットメントは、一般的な歯科治療で選択されるクラウンやブリッジと同様に歯科用セメントで固定するタイプ、定期的なメインテナンスの際に取り外して清掃・点検が可能となるスクリューで固定するタイプ、総義歯をマグネットで固定するタイプが選択可能です。
ミニインプラントによる入れ歯の固定
プラトンインプラントは、負担の少ないミニインプラントによって入れ歯を固定する治療方法の提案も行っています。通常のインプラントよりも直径が細いミニインプラントは、顎の骨の量が少ない部位でも植立が可能です。このインプラントを血管や神経が少なく比較的安全な下顎の前歯の部分に2〜4本植立して入れ歯を固定します。
使用するインプラントの本数が少ないので、手術も小規模で済み、治療費も抑えることができます。入れ歯が安定することで食事が楽しくなり、快適で健康的な生活がおくれます。
プラトンインプラントとプラトンジャパンについて
プラトンインプラントは、1990年にインプラント治療を専門に行う日本の歯科医師のグループを中心に、優れた口腔インプラントの国産化を目指して開発がスタートしたインプラントシステムです。そこには、口腔機能の回復を通じて、患者さん一人一人の健康に貢献して行きたいという、歯科医療に携わる人たちとエンジニアの熱い思いがありました。
そのようにして開発された純国産インプラント「プラトンインプラントシステム」を歯科医院や歯科大学等に販売するメーカーが株式会社プラトンジャパンです。
”プラトン”のネーミングの由来

「失った歯を取り戻したい」 それは古代文明の頃から人々の願いでもあり、紀元2〜3世紀の古代ローマ帝国の人骨から上顎骨に植立された鉄製のインプラントが発見されるなど、古代から様々な取組みがされていた記録があり、現在、普及発展している近代インプラントはヨーロッパを源流としています。また、社会的責任がより強く求められる医療分野での起業にあたり、確固たる企業哲学の実践への誓いをこめて、”ヨーロッパ”・”哲学”をキーワードに、古代の哲学者プラトンから命名しています。

プラトンジャパンの事業展開

プラトンジャパンは1996年の設立以来、純国産インプラント「プラトンインプラントシステム」の普及、高度先進歯科医療を総合的に支える医療機器の開発へと、常に次の時代に向けて積極的な挑戦を続けてまいりました。さらに、幅広い分野での開発力とネットワークを活かし、クリニックのサポートや患者様の身体的負担の小さい治療法など医療技術の進歩や社会の変化に対応した新しい事業を、今後も積極的に展開してまいります。また、世界とりわけアジアの人々の健康に貢献するため、積極的な海外展開も行っています。(※韓国・ベトナム・台湾へ輸出)  

21世紀を迎えて、医療は患者様の「クオリティ・オブ・ライフ」の向上を重視した新しいステージへと向かっています。プラトンジャパンも患者様が先端医療を身近に、かつ安心して受けられるよう、グローバルレベルでの製品開発に果敢に取り組んでまいります。

 ホームページ内の記事・写 真の無断転載を禁じます。すべての著作権は(株)プラトン・ジャパンに帰属します。
 Copyright 2001 -2014 PLATON JAPAN Co., Ltd. No reproduction or republication without written permission.